ST言語(ストラクチャードテキスト)ってなに?

シェアする

今回の記事はこんな方におすすめ!

 ”LDとかSTとか訳が分からない

 ”基礎知識としてSTを知っておきたい

 今回はSTについてお伝えします。

ST言語とは

 ST言語のSTは

 structured Text(ストラクチャードテキスト)の略で

 直訳すると構造化テキストという

 意味になります。

 数値演算式やデータ処理が得意で、

 ラダーが苦手としている用途で

 効果を発揮します。


もう少しかみ砕くと

 ラダー(LD)でカッコ付きの

 計算をしようとした場合

 最初に二つの式に分け、

 それぞれの計算結果を

 メモリに格納する必要があります。

 しかし、STを使えば以下のように

 1行で完結することが可能です。

RESULT:=(INPUT1+INPUT2)/(INPUT3+INPUT4);

 上で紹介した通り、ラダーの弱点をフォローできる

 言語だといえますね。

 どうですか?理解できましたか?


ST言語の記号の種類

 代入    : =

 括弧    ( 式 )

 比較    < > = <> >=

 数値演算  + - * /

 論理演算  NOT AND OR EXOR

 制御文   IF CACE ELSE OF

 見慣れた記号から、他の言語と共通するものも

 多数ありますので、なんとなくは意味が

 理解できるかと思います。


覚えておくべき記号は?

 使い方にもよりますが、よく使用するのは以下のものかと

 思います(至極個人的な意見ですが笑)

 IF ○○ THEN・・・○○で指定されたデバイスが

             ONかOFFしているかを見て

             出力を変えます。

 CACE ○○ OF・・・○○で指定されたデバイスが、

             その下に続く条件と一致した場合に

             指定された整数で出力する。

 ELSE ○○・・・上記条件に当てはまらない場合には

          ○○の値を出力する。

 またラダー図で置き換えた時には

 NOTがB接点、ANDが直列回路

 ORが並列回路を意味します。

~~~合わせて読みたい(´ω`)!~~~

自己保持について知りたい方はこちら

シーケンス回路からタイムチャートを作る問題はこちら

シーケンス制御の学習におすすめの本はこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もしなにか質問等ありましたら、

鈴さんのツイッターアカウントこちらよりご連絡ください。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました!