遅延回路ってどんなもの?

今回は遅延回路について記事を書きたいと思います。

そもそも”遅延回路って何??”って
思われる方もいるかもしれません。

簡単に言うと、センサの信号のONを
ちょっとだけ遅らせてPLCが受け取れるようにすることです

ここで
”えっ!?センサの信号を遅らせちゃって大丈夫なの??”
思われる方もきっとみえますよね??

それが、大丈夫なんです。というか遅延が無い方が
問題になってしまうこともあるのです。

簡単に回路を作ってみました。
入力はすべてリミットスイッチとしています。

左側の五つがセンサーの接点。
右側の五つが遅延=タイマーです。

動作の回路を作る際に、
何故、センサーの接点を
直接入れない方がいいのか、
それには二つ、理由があります。


①チャタリングにより誤動作してしまう。

特に機械式センサーや、
光電センサーなどで起こる問題になります。

機械式のスイッチはバネとアームで
構成されています。
検出体によってアームが押されると
スイッチがオンする仕組みなのですが、
その時に問題が起こります。

それは接点バウンドです。
検出体がアームに当たった際に
ちょうどバスケットボールが
弾むように、接点が何度も
オンオフを繰り返してしまいます。

光電スイッチの場合も
同じような問題が
起こることがあります。
それは外乱です。
光電スイッチは名前の通り
光を検知してオンオフする
スイッチです。
ワークだけを上手く検知して
くれたら良いのですが、
そうならない場合があります。

それは周辺機器をワークと
勘違いしてオンオフしてしまう
外からの乱れ、外乱です。

これらのチャタリング
(細かいオンオフの繰り返し)が
起こると、本来1度だけのオンで
正常に動くはずの機械部が
上手く動かなくなったり
誤作動もしくは動かなくなったり
してしまいます。


②品番検知時に誤読み取りしてしまう。

生産設備や検定盤には ワークや治具に
品番確認のための ドグ(センサの相手)が
ついており、それを読み取るための
品番確認センサー
同時についている場合があります。

またワークがあるかないかの
ワーク確認センサーも同時に
ついている場合があります。

もしこの
品番確認センサー
ワーク確認センサー
同じ位置についていたとして
センサー接点のみで
正常に品番が読み取れると
思いますか?

答えはノーです。

品番を読み取るリミットスイッチと
ワーク確認のリミットスイッチが
オンするタイミングがバラバラなため
ワーク確認センサーがオンした
時点でたまたまオンしている
品番センサーの信号だけが
読み取られてしまうからです。


このようにセンサー接点を直接
動作回路に組み込むには
少し難があるのです。

そこで遅延回路を使用するわけです。
遅延回路を使うと

①のチャタリングについては
無視をすることができ、
確実に安定してセンサー接点が
オンした時のみ、信号をPLC内で
処理することができます。

②の品番確認の誤作動についても
品番確認用LSの遅延タイマーと
ワーク確認用LSの遅延タイマーとの
時間差をあえてつくることで
品番確認用LSが確実にONしてから
ワーク確認センサがONすることで
品番の読み間違いを防ぐことができます。
T1とT2は0.5秒のタイマーを使用。
T3とT4とT5については0.2秒
タイマーを使用しています。

このようにセンサーの接点を
直接使うでなく、遅延回路を
設けることで、誤作動の少ない
安定した回路を作ることができます。

場合によってはセンサー接点を直で
使った方が都合のいいことも
あるかと思いますが
基本的にはこの遅延回路を推奨いたします。


今回の記事はいかがでしたでしょうか?

ご意見ご感想等ありましたら
メール→sequence-kentei@yahoo.co.jp
ツイッター→シーケンスくんという名前でやってます。

または下のコメント欄よりお願いします。

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

トップページへ