B接点を使ったボタンを押すとランプが消灯、放すと点灯する回路の作り方

今回はボタンを押すとランプが消灯、放すと点灯するB接点を使った回路の作り方を紹介したいと思います。

シーケンス制御を勉強し始めて、二番目に作るのがこの回路だと思います。

全ての回路を作るうえで、この考え方を理解していないと辛いところがありますので初心者の方は参考にしてみてください。

(∩´∀`)∩合わせて読みたい∩(´∀`∩)

Pick UP 初心者向け ボタンを押すとランプが点灯するA接点を使った回路

この記事は

・シーケンス制御の勉強を始めたばかりの方

・B接点の使い方を知りたい方

・周りにシーケンス制御を教えてくれる人がいない方

におすすめです(´ω`)

ボタンを押すとランプが消灯する回路の回路図

回路図は以下のようになります。

B接点でボタンを押すとランプ消灯 

【割り付け】

X10:押ボタンスイッチ

Y0:ランプ

ボタンを押したときの回路の状態

イラストで説明しますね。

イラストは指でボタンを押している状態です。

押した状態

この状態のとき、回路図のX10の分部は下の図のように白くなります。

白くなると左右の線の間には電気が流れません。

B接点でボタン押状態の回路図

ボタンを放したときの回路の状態

上と同様、イラストで説明しますね。

イラストではボタンの上に指がある状態ですね?この状態ではまだボタンが押されていません。つまりボタンが放された状態です。

放した状態

この状態のとき、回路図のX10の分部は下の図のように青くなります。

青くなると左から右の線へ電気が流れることができるようになります。

B接点でボタン放し状態の回路図

このようにボタンを押したときだけ電気が流れるものをB接点と言います。

A接点とB接点の記号や違いについての解説はこちらから

ランプが点灯しているときの回路の状態

こちらもイラストで説明します。

下の図ではランプが点灯した状態です。

この状態のとき、回路図のY0は下の図のように青くなります。

青いときは電気が流れている状態を意味します。

ランプ点灯状態の回路図

ランプが消灯しているときの回路の状態

こちらもイラストで説明します。

下の図ではランプが消灯した状態です。

ランプ消灯

この状態のとき、回路図のY0は下の図のように白くなります。

白いときは電気が流れていない状態です。

ランプ消灯状態の回路図

回路全体の解説

ボタンを押していない状態のときは、以下の図のようにX10の分部が青くなり電気が流れることで、Y0のランプにも電気が流れ、ランプが点灯した状態になります。

B接点でボタンを放すとランプ点灯

ボタンが押された状態のときは、ボタンにもランプにも電気が流れていない状態です。

B接点でボタンを押すとランプ消灯

まとめ

・ボタンを放したら電気が通る

・ランプに電気が流れると点灯する

・ボタンが放されたときに電気が流れるものはB接点という

初心者の方向けにボタンを放すとランプが点灯する回路について説明させてもらいました。

今回の回路は基本的なことですが、ずっと使う大切なものになりますのでしっかりと理解をするようにしてくださいね(´ω`)!

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました(´ω`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!