PLCってどんなもの?役割や利点を初心者にも分かりやすく説明します

今回はPLCについて初心者にも分かりやすいように説明したいと思います。

この記事は

・PLCを初めて触ることになったけどどんなものか分からない方

・これからラダープログラムを勉強する方

・生産設備に関わる仕事をしている方

におすすめです!

PLCとは

PLCはプログラマブル・ロジック・コントローラ(programmable logic controller)の略です。

生産設備の頭脳の役割をしています。この頭脳から生産設備に指示を出して動きを制御しているわけです。

PLCと似たような意味でシーケンサと呼ばれることもありますが、これは三菱電機の商品名となります。

ですから、例えばオムロンというメーカーのPLCはシーケンサとは呼びません。

これを知らずに外のメーカーさんと話をすると、恥をかきかねないので注意してくださいね。

写真1は三菱のPLC(シーケンサー)です。

写真1

写真2のはオムロンのPLCです。

写真2

メーカーが違うと形も全然違いますね。でも役割としては同じで生産設備の頭脳として設備の動きを制御する役割をしています。

PLCの具体的な役割とは

PLCはセンサやボタンなどの入力機器のON/OFF状況に応じて、コンベアやバルブ(シリンダを動かすためのもの)の出力機器をON/OFFすることにより、シーケンス制御を実現するコンピュータです。

ただし、PLCを購入した時点ではコンピュータの中身は空ですから、人間がプログラムを作ってコンピュータに入れてあげる必要があります。

このプログラムによって、例えば1番の入力機器(ボタン)がONしたら10番の出力機器(ランプ)をONしなさいというような動きが決定されます。

この簡単な動きは別の記事でイラスト入りで紹介していますので、参考にしてください。

実際の生産設備の中にはもっと複雑な条件のプログラムが書き込まれており、日々良い品質の製品を生み出すために休みなく働いているわけです。

PLC使うメリットって?

この記事を読んでいる方は少なからず電気系の知識がある方だと思います。

シーケンス制御を行うにはPLCとは別で電磁リレーというものがあります。

電磁リレーについては別の記事で写真入りで紹介していますので参考にしてください。

じゃあ、電磁リレーでシーケンス制御をしたらいいじゃない?なんでわざわざ値段の高いPLCを使うの?

なんて思われる方も少なくないんじゃないかと思います。

PLCを使用する1番の理由はシーケンス制御の動きを変更するのが簡単だからです。

もし電磁リレーで全ての設備の動きを作った場合、設備の仕様変更(生産する製品の追加など)があったときに、配線をやり直さなければいけません。その手間は想像をはるかに超えます。

また配線を万が一間違えてしまった場合は設備が動かないだけでなく、その原因の特定に途轍もない時間がかかります。

その点、PLCを使ってプログラムを組めばパソコン上でプログラムを書き換えるだけで仕様変更が容易にできます。

ですからほとんどの生産設備にはPLCが使用されているのです。

その他には電磁リレーに比べ、接点寿命が長いことや停電した場合にも復帰が容易などの理由が挙げられます。

まとめ

・PLCは生産設備の頭脳の役割をしている

・入力のON/OFFを計算して出力のON/OFFを決めて設備をシーケンス制御している

・PLCのプログラム変更は簡単にできる

PLCのことについて少しだけ詳しくなれましたか?

生産現場には欠かせない存在ですから、どんなものなのかをしっかり掴んで扱うようにしてくださいね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

鈴さんのアイコン

シーケンス制御の勉強サポート!お気軽にフォロー・DMください。保有資格は職業訓練指導員免許(機械、電気、メカトロニクス科)電気機器組み立てシーケンス制御作業1級など。現在技能検定特級にチャレンジ中です。最近は機械学習とかpythonというプログラミング言語に興味があって独学中です(´ω`)♪自己紹介ページはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!