「回路の作り方」カテゴリーアーカイブ

基礎から応用まで幅広く。

遅延回路ってどんなもの?

今回は遅延回路について記事を書きたいと思います。

そもそも”遅延回路って何??”って
思われる方もいるかもしれません。

簡単に言うと、センサの信号のONを
ちょっとだけ遅らせてPLCが受け取れるようにすることです

ここで
”えっ!?センサの信号を遅らせちゃって大丈夫なの??”
思われる方もきっとみえますよね??

それが、大丈夫なんです。というか遅延が無い方が
問題になってしまうこともあるのです。

簡単に回路を作ってみました。
入力はすべてリミットスイッチとしています。

左側の五つがセンサーの接点。
右側の五つが遅延=タイマーです。

動作の回路を作る際に、
何故、センサーの接点を
直接入れない方がいいのか、
それには二つ、理由があります。


①チャタリングにより誤動作してしまう。

特に機械式センサーや、
光電センサーなどで起こる問題になります。

機械式のスイッチはバネとアームで
構成されています。
検出体によってアームが押されると
スイッチがオンする仕組みなのですが、
その時に問題が起こります。

それは接点バウンドです。
検出体がアームに当たった際に
ちょうどバスケットボールが
弾むように、接点が何度も
オンオフを繰り返してしまいます。

光電スイッチの場合も
同じような問題が
起こることがあります。
それは外乱です。
光電スイッチは名前の通り
光を検知してオンオフする
スイッチです。
ワークだけを上手く検知して
くれたら良いのですが、
そうならない場合があります。

それは周辺機器をワークと
勘違いしてオンオフしてしまう
外からの乱れ、外乱です。

これらのチャタリング
(細かいオンオフの繰り返し)が
起こると、本来1度だけのオンで
正常に動くはずの機械部が
上手く動かなくなったり
誤作動もしくは動かなくなったり
してしまいます。


②品番検知時に誤読み取りしてしまう。

生産設備や検定盤には ワークや治具に
品番確認のための ドグ(センサの相手)が
ついており、それを読み取るための
品番確認センサー
同時についている場合があります。

またワークがあるかないかの
ワーク確認センサーも同時に
ついている場合があります。

もしこの
品番確認センサー
ワーク確認センサー
同じ位置についていたとして
センサー接点のみで
正常に品番が読み取れると
思いますか?

答えはノーです。

品番を読み取るリミットスイッチと
ワーク確認のリミットスイッチが
オンするタイミングがバラバラなため
ワーク確認センサーがオンした
時点でたまたまオンしている
品番センサーの信号だけが
読み取られてしまうからです。


このようにセンサー接点を直接
動作回路に組み込むには
少し難があるのです。

そこで遅延回路を使用するわけです。
遅延回路を使うと

①のチャタリングについては
無視をすることができ、
確実に安定してセンサー接点が
オンした時のみ、信号をPLC内で
処理することができます。

②の品番確認の誤作動についても
品番確認用LSの遅延タイマーと
ワーク確認用LSの遅延タイマーとの
時間差をあえてつくることで
品番確認用LSが確実にONしてから
ワーク確認センサがONすることで
品番の読み間違いを防ぐことができます。
T1とT2は0.5秒のタイマーを使用。
T3とT4とT5については0.2秒
タイマーを使用しています。

このようにセンサーの接点を
直接使うでなく、遅延回路を
設けることで、誤作動の少ない
安定した回路を作ることができます。

場合によってはセンサー接点を直で
使った方が都合のいいことも
あるかと思いますが
基本的にはこの遅延回路を推奨いたします。


今回の記事はいかがでしたでしょうか?

ご意見ご感想等ありましたら
メール→sequence-kentei@yahoo.co.jp
ツイッター→シーケンスくんという名前でやってます。

または下のコメント欄よりお願いします。

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

トップページへ

モメンタリとオルタネイト

今回の記事はこんな方におすすめ!

“モメンタリって何?
  オルタネイトって何?”

“オルタネイトのやり方って
  1種類しか知らないけど
  他にもあるの?”

ボタンを押している間だけ
動くようにしたりだとか、
ボタンを押すとモードが
切り替わるというのは
このモメンタリと
オルタネイトを知ることで
対処することができます。

 


モメンタリとは

簡単に説明すると
ボタンを押している時だけ
ONするスイッチを想像して
もらえればいいかと思います。

スイッチとランプの
動作で説明すると、
スイッチを押したら
ランプが付き、
スイッチから手を離すと
ランプが消えるという
動きになります。

回路で表すと
こんな感じになります。


生産設備での使用のされ方

生産設備では各個動作の動きで
ほぼ毎回出題されています。
ボタンを押している間だけ
コンベアが左行する、などです。


オルタネイトって?

オルタネイトはモメンタリと違い
ボタンを押す度に、ON・OFFが
切り替わることをいいます。

スイッチとランプの動きで
説明すると、スイッチを押すと
ランプが点き、
スイッチから手を離しても
ランプは点いたまま。
次にもう一度
スイッチを押すとランプが消え、
スイッチから手を離しても
ランプは消えたままになります。


生産設備での使用のされ方

自動運転のモード切替の
部分で使用する事が多いです
先ほど説明したのと同様に
ボタンを押して
ランプが点いている時は
Aモードとして扱い、
再度ボタンを押して
ランプが消えたときは
Bモードとして扱います。


オルタネイトの回路の組み方

オルタネイトの回路は作り方が
私の知る限り3種類あります。
名前は私が適当に付けていますので、
ほかの方に伝えるには
図を使ってくださいね。

①歩進方式

②パルス方式

③FF方式

以上3種です。


①歩進方式

歩進方式は以下の4つの動きで
構成されます。

1.ボタンが押された記憶
2.ボタンが押された後に
ボタンが離された記憶
3.ボタンが押された後に
ボタンが離され、
再度押された記憶
4.ボタンが押された後に
ボタンが離され、
再度ボタンが押され、
再度ボタンが離された信号

ボタンが押されたことと
離されたことを逐一記憶して
順番通りに動いていることを
回路で確認します。

回路としては以下のようになります。

回路にまだあまり慣れていない
初心者から中級者の方
おすすめです。

これが理解できたら
リアル設備の
歩進回路(ステップ回路も)も
割と簡単に理解できると思います。


②パルス方式

パルス方式は
1スキャンの信号で
自己保持のON・OFFを
切り替える方式です。

回路図は以下のようになります。

X0が押されると
M0コイルがONし
自己保持状態になります。
再度X0が押されると
自己保持されていたM0が
解除されます。

ボタンを押す度に
これが切り替わり、
オルタネイトとして働きます。

スキャンを理解している
中級者の方におすすめです。


③FF方式

FF方式は専用命令を
使用します。
FFはフリップフロップの略で
0または1の信号を記憶するものに
なります。
動きとしては信号が入る度に
0と1が交互に切り替わります。

信号側は特にパルス化してやる
必要はなく、普通のA接点などで
大丈夫です。

回路としては以下のようになります。

たった1行だけ。
とてもシンプルですね。
時間の限られる作業で
使うなら絶対に
これをおすすめします。

リアル設備で使うなら
しっかりと周知徹底してから
使ってくださいね。
この命令自体を知らない方も
多いでしょうからね。


今回の記事はいかがでしたでしょうか?
なにかご意見ご質問など
ありましたら、
記事のコメント欄、メール、
Twitterよりご連絡くださいね。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

バッファメモリってなに?

今回の記事はこんな方におすすめ!

“バッファメモリって聞いたこと
  あるけど何か分からない”

“サーボの回路は
  何がなんだか分からない”

今回はちょっと検定から離れて
QD77またはQD75で
使用されるバッファメモリに
ついて紹介します。


バッファメモリってどんなもの?

皆さんが普段使用している
PLCがありますよね?

あとはサーボモータと
サーボアンプ。
あとは位置決めユニットとか
インテリジェントユニットとか
呼ばれて入力カードや
出力カードの隣に刺さっている
QD77やQD75があります。

このPLCとQD77って
大体同じぐらいの大きさで
同じくらいの重さですが、

実は、頭の回転の速さが違うんです。

皆さんの周りにも
仕事ができる人間
(スマートさん)と
仕事ができない人間
(スローさん)とが
いると思いますが、
スマートさんとスローさんが
一緒に並んで仕事をすると
必ずトラブルがおきますよね?

だから並ばせずに
別の仕事をさせて、
スローさんが仕事を終えたら
スマートさんに完了した仕事を
デスクトレーに入れて渡し、
スマートさんが処理するんです。

実はPLCとQD77も
仕事ができる早さが
違っているので
同じ事が起こるんです。
スローさんとスマートさんと
同様に並んで仕事ができないから、
デスクトレー=バッファメモリに
データを入れて、お互いが処理できる
タイミングで処理をしているんです。

どうですか?なんとなく
イメージできましたか?


使用する命令

バッファメモリに値を書き込むには
MOV命令を使用します。

MOV命令はある値を
どこかに書き込んだり、
どこかからどこかに
コピーができます。

バッファメモリに書き込む場合は
こんな形です。
(MOVP K1 U0¥G1500)

MOV:書き込む命令
P:1scanのみON
K1:整数1
U0:0ユニット目
¥G1500:バッファメモリ1500番

ちなみにバッファメモリは
番号ごとに役割が決まっていて
1500番の場合は
位置決め始動番号という
番号を指定する時に使用します。

MOV命令でそのまま作ると
条件が揃っている間、
スキャンの度に
書き込みしてしまうので
それを防止するためです。

条件の方をパルス化しても
良いかと思います。

先ほど整数1を
バッファメモリに書き込みましたが
これは位置決め始動番号の1を
指定したことになります。

位置決め始動番号には
移動時の速度や、移動先の場所、
あとは移動後の待機時間などを
事前に書き込んで置きます。

そしてY10に信号を入れることが
トリガーとなって、
サーボモータが動き出します。

まず番号をいれて、
それから動けって命令をかける
2段階の信号で動かします。

(Y10はインテリジェントユニットが
0スロット目に刺さっている
場合になります。)

他にも異常をリセットしたり、
現在のサーボモータの位置を
記憶していたり、
色々な役割を持っています。
理解し出すとなかなか
面白かったりするのですが、
少しとっかかりにくいところは
ありますよね。。

バッファメモリの使い方に
ついてはまた別の機会に紹介しますね。


今回の記事はいかがでしたでしょうか?

質問等ありましたら、

メール→sequence-kentei@yahoo.co.jp

ツイッター→シーケンスくんという名前でやってます。

コメント→下部のコメントボックスより

ご連絡ください。

無言有言フォロー大歓迎です。

リツイートは泣いて喜びます。

今回も最後までお読み頂きまして

ありがとうございました!

 

 

 

押してもらえると励みになります↓


にほんブログ村

DSWから数字を取り込むには?

今回の記事はこんな方におすすめ!

 ”DSWは知ってるけど
  使い方は全く分からない”

 ”ある程度経験はあるのに
  この機器は使ったことがない”

今回はDSW=デジスイッチについて紹介します。
別名サムロータリスイッチです。



DSWの中身って?

そもそも、DSWの中がどうなっているかというと
4つのON,OFFの入力で成り立っています。

2進数はご存知ですか?
実はこの2進数の理解が今回のカギとなります。



10進数はどんなもの?

10進数は数字が一つづつ増えていき
0,1,2..7,8,となり後一つ数字が増えると
『1』『0』(じゅう)になります。

つまり10になるときに桁上がりしてます。
分かりますか?当たり前すぎて分からないかな笑

2進数はどんなもの?

それが2進数となると
0,となり、あと一つ数字が増えると
『1』『0』(イチゼロ)になります。

つまり2になるときに桁上がりしているんです。
難しいかと思いますが、
ここまでは確実に理解して次へ進んでくださいね。



DSWのお話

DSWはカチカチとスイッチを押すと表示されている
数字が一つづつ増えたり、減ったりします。

それと同時に内部の4つの信号が
表示されている数字に合わせて
ONまたはOFFするようになっています。

例えばが表示されている時は
内部では0000というように
すべての信号がOFFしています。

次にが表示されている時は
内部では0001というように
一番下の桁に1が登場しましたね。

では次に2が表示されている時は
内部はどうなると思いますか?
先ほど学習した2進数の考え方で
少し思考してみてください。

正解は0010です。
どうですか合ってましたか?

では次は3が表示されている時は
内部はどうなりますか?

正解は0011です。
先ほど桁上がりして再度1が追加されたので
こうなります。



DSW表示と変換後の2進数

こんな感じでDSWで表示できる
すべての数字0~9を2進数で表すと

0→0000
1→0001
2→0010
3→0011
4→0100
5→0101
6→0110
7→0111
8→1000
9→1001

このようになります。

ここまでは大丈夫ですか?
難しかったり、引っかかる場合は
もう一度読み直してくださいね。



PLCへの取り込み方

では、次はこの2進数をどうPLCに
取り込むのかですが、これは専用の命令があります。
『BIN』命令です。

回路で見るとこのようになります。
意味としては以下のようになります。

BIN→BCDデータをBIN変換する
(BCDとは:2進数の値を4桁用いて、
10進数における1桁分の値を表現する方法
BINとは:2進数のこと)
つまり、デジスイッチの表示は2進数で10進数を
表現していますが、それを単純に2進数に変換することです。
PLC内部では2進数でしかデータを扱うことができないのです。

K1→4ビット分のこと。
X0C→デジスイッチの一番右の(若い)番号。

つまり、X0CからX0D、X0E、X0Fの4つ

D80→変換された2進数を保管して
おくための箱(データレジスタ)

動作としてはPB1が押されたら、
現在デジスイッチが表示している数を
2進数に変換してD80にいれる。
という形になります。


DSWの用途

 例えばデジスイッチに表示されている数分だけ
サイクル動作を繰り返して
完了したらサイクルを終了するだとか、
起動時にデジスイッチの表示と同じ数字を
DPLに表示するだとかです。

また使用の際には
自動運転中にはこの数字取り込みを禁止するだとか 
少し気を付けないといけないこともあります。

ちょっと古い設備ではDSWを使っての品番切替など
 もあったりしますので、
しっかりと回路の作り方を
頭に叩き込んでおいた方が良いでしょう。


今回の記事はいかがでしたでしょうか?

質問等ありましたら、

メール→sequence-kentei@yahoo.co.jp

ツイッター→シーケンスくんという名前でやってます。

コメント→下部のコメントボックスより

ご連絡ください。

無言有言フォロー大歓迎です。

リツイートは泣いて喜びます。

今回も最後までお読み頂きまして

ありがとうございました!

 

押していただけると
励みになります↓


にほんブログ村

停電保持って何?

今回の記事はこんな方におすすめ!

 ”停電保持って何なの?”

 ”停電した時にいつも復帰に時間がかかる”

今回は停電保持について説明します。



停電保持とは

落雷などによって、設備電源が
突然落ちてしまったときに
電源が落ちる前のワークの状態や
ユニットの加工の記憶等を
残して置くことをいいます。



停電保持をする目的とは

もし停電保持をしていない
設備が突然、落雷による
停電に見舞われた場合、
どうなると思いますか?

もし停電保持をしていないと
ワークがどこにあるか
加工が終わっているか、
終わっていないか、などの
生産に必要な情報が失われてしまうため
結果、設備内のワークを
人の手によって取り出す作業や
ユニットを各個操作によって
原点位置に戻す等
時間や廃棄のムダを
生んでしまうのです。

停電保持をすることによって
電源が復帰した後も
落ちる前の続きから
移載や加工ができるため、
異常処置のムダや
ワークの廃棄ムダを
無くすことができます。


三菱のシーケンス制御の場合
通常は
内部リレー(M ○○)
使用しますが、
停電保持をさせたい場合には
ラッチリレー(L ○○)
使用します。

これで自己保持などを作ってやることで
停電後も記憶が残ったままになります。
(実際には復電後に1SCANだけONするのですが
ややこしくなるので考えなくていいです)

自己保持回路で表すとこんな風になります。

 

またセットリセット命令
構成する場合もあります。

一般設備では異常が発生したことを
停電保持しなければならないので
ラッチリレーを使用します。

また、回路入力の時間を
削減するために、セットリセット
回路を組むと良いです。

セットリセットで組んだ回路はこちらになります。

 

もしこれを自己保持で回路を組むと

ちょっとだけ長くなりました。
慣れた方ならそんなに時間もかからず入力できるかと思います。
でもセットリセットの方が早いです。

 


データレジスタの数字を停電保持するには??

少し応用(?)して、データレジスタという
数字のデータを保管する箱にも
ラッチをかけることができるので
紹介させてください。

左のウインドウのパラメータ→PCパラメータをダブルクリック。
すると以下の画面が開きますので。

右上のデバイス設定タブを開き、範囲を入力。
今回はD80~D90の範囲にラッチをかけるようにしています。

こうしておけば、例えばD80に入っている7という数字が
復電後も残ることになります。

回路を作っているだけではなかなか触らないところなので
初めて知った方も多いのではないでしょうか?

停電してしまっても、復電後も同様の使用で
動かなければいけないという場合には
この方法を知っているとかなり楽になります。

今回紹介しました停電保持は
実際の生産設備でも活用できます。
同様の仕様で組むことができれば
ワンランク上の、生産現場さんや生産技術の方々
もしくはクライアントから
感謝される設備にできるかと思います。
仕様になければ少し手間はかかりますが
提案してみてもいいかもしれませんね。


 

今回の記事はいかがでしたでしょうか?
質問等ありましたら、

メール→sequence-kentei@yahoo.co.jp

ツイッター→シーケンスくんという名前でやってます。 

コメント→下部のコメントボックスより ご連絡ください。

無言有言フォロー大歓迎です。
リツイートは泣いて喜びます。

今回も最後までお読み頂きまして ありがとうございました!

押していただけると
励みになります↓


にほんブログ村

A接点とB接点

こんばんは。

今回はA接点とB接点の違いについて説明します。

回路図をよく見ろと言われるけど

何がなんだかチンプンカンプンだとか

そもそも電気回路が苦手な方は

ご一読お願いします。

———————————————————-

まずはA接点です。

これは例えばスイッチが押されたり、

センサがONした時に導通する(ONする)接点です。

人間やセンサがアクション(Action)した時だけ

ONするので分かりやすいですね。

ノ―マリーオープン(NO)とも呼ばれます。

———————————————————–

続いてB接点の説明をします。

これば例えばスイッチから手が離れたり、

センサがOFFしている時に導通する(OFFする)接点です。

人間やセンサが休憩(Bleak)している時に

ONするので、ややこしいです。

あまのじゃくな接点ということですね。

ノ―マリークローズ(NC)とも呼ばれます。

————————————————————

これらの接点は基本中の基本ですが、初めての方には

ただの記号にしか見えないので

難しく感じるかもですね。

この二つはシーケンス回路の中でも
突出して使用頻度が高いので

基本過ぎてと馬鹿にせずに

今一度内容の理解をお願いします。


今回の記事はいかがでしたでしょうか?

質問等ありましたら、

メール→sequence-kentei@yahoo.co.jp

ツイッター→シーケンスくんという名前です。

コメント→下部のコメントボックスより

ご連絡ください。

無言有言フォロー大歓迎です。

リツイートは泣いて喜びます。

今回も最後までお読み頂きまして

ありがとうございました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

使用しているシーケンスソフト

私が使用しているシーケンスソフトをご紹介します。

三菱のGX works2です。

GX Deveroperよりも使いやすくて便利です。

線を引くにもコントロールボタンを押しながら

↑ ↓ → ←を押すだけでできます。

その他違いとしては、

・GX Works2ではGX Configurator(サーボパラメータなどを設定するツール)、GX Simulator(シミュレーションをするツール)相当の機能を統合している。

・GX Works2では、GX Developerのユーザインタフェース、操作性、機能が改善。

・GX Works2とGX DeveloperではCPUユニットに違いがある。

個人で買うには少し値段が張りますが、

まずは道具から揃えてみてはいかがでしょうか?

詳細はこちらからどうぞ↓

 

質問等ありましたら、

メール→sequence-kentei@yahoo.co.jp

ツイッター→シーケンスくんという名前です。

コメント→下部のコメントボックスより

ご連絡ください。

最後までお読み頂きありがとうございました。